新浦安で評判の良いスポーツジムをランキング形式でご紹介!感染対策も万全だから安心して通える♪

スポーツジムランキングTOP3!

新浦安でおすすめのスポーツジムをご紹介♪

はじめまして。私は浦安在住の30代OLです。最近、スマートフォンの万歩計機能をなんとなく眺めていたら、2020年の春に在宅勤務が始まって以来、全然歩かなくなっていることに気がつきました。

「ちょっと太ってきたなぁ」とは思っていたのですが、25歳を過ぎてから年に1キロくらいずつ増えていたのであまり気にしていませんでした。久しぶりに体重計に乗ってみると、なんと…在宅勤務になる前と比べて5キロ以上増えていました!

そういえば最近、仕事終わりに腰や肩が痛い日も増えたし、猫背を指摘されたことも…。「このままではまずい!」と思い、住んでいる新浦安近辺でスポーツジムを探しはじめました。

そこで、いろいろ調べてみたことをご紹介していきます。

また、ランキングは、新浦安の数あるスポーツジムの中から、特におすすめのできるスポーツジムを厳選し、その上、WEBアンケート調査を実施した上で順位を決定したものとなっています。

スポーツジムランキング一覧!

フィットネスクラブ ルネサンス 新浦安の画像1
スタジオプログラムも設備も充実のスポーツジム

フィットネスクラブ ルネサンス新浦安は、複合型スポーツジムです。月会費だけでスタジオプログラムに参加できて、内容もヨガ、フラダンス、ヒップホップ、暗闇ワークアウトなど充実しています

また、入会から3ヶ月間無料でフィットネスサポートシステム「カラダ・ワカル・カワル」を利用することができます。すべての人が最短距離で“なりたい姿”に近づけるよう3か月間無料でサポートするシステムです。

おすすめポイント

Point①. ホットヨガ、岩盤浴など女性に嬉しい設備がたくさん

Point②. 暗闇ワークアウト、ヨガ、ダンスなど、月会費だけで受け荒れるスタジオプログラムが充実

フィットネスクラブ ルネサンス 新浦安 の基本情報

月会費 正会員(フルタイム):9,000円
アンダー30会員:7,500円
60分会員:4,600円
会社情報 住所:〒279-0011 千葉県浦安市美浜1-9-2 浦安ブライトンビル3F 電話番号:047-316-5125
定休日 営業時間 【定休日】 毎週木曜日、年末年始など 【営業時間】 平日10:00〜22:00 土日祝10:00〜18:00
問い合わせ方法 公式ホームページの専用フォーム、電話
カーブス ニューコースト新浦安の画像1
全国2000店舗以上!運動が苦手でも継続できる

カーブス ニューコースト新浦安では、「サーキットトレーニング」という形で有酸素運動と筋肉トレーニングを交互に行います。1回のトレーニングは30分と短く、予約も不要です。

30分のトレーニングで、ウォーキングの約3倍の脂肪燃焼効果があります。

筋トレマシンは油圧式を採用していて安全性が高く、無理なく継続することができます。使用中は常にインストラクターの方が近くにいるのでサポートも充実しています。

おすすめポイント

Point①. 女性のために考えられた「サーキットプログラム」で効率的に脂肪を燃焼

Point②. 油圧式のマシンを使用しているので安心

カーブス ニューコースト新浦安 の基本情報

月会費 12ヶ月お得コース:5,700円 定期コース:6,700円
会社情報 住所:〒279-0014 浦安市明海4-1-1 3F 電話番号:047-318-9393
定休日 営業時間 【定休日】 毎週日曜日、祝日 【営業時間】 平日10:00〜19:00 土曜10:00〜13:00
問い合わせ方法 公式ホームページの専用フォーム、電話
ダンロップスポーツクラブ浦安店の画像1
綺麗な設備で初心者からでも安心して通える

ダンロップスポーツクラブ浦安店は、スタジオ、プール、マシンジム、温浴施設のあるスポーツジムです。マシンジムには、窓の方を向いて設置されている有酸素運動マシンと、日本人の体型にあった筋力系マシンがあり、温浴施設には炭酸泉とサウナがあります。

プールがセラミックタイル仕上げで美しいのも特徴です。スイミングのプライベートレッスンも有料で行われています。

おすすめポイント

Point①. 窓の方を向いて設置された有酸素運動マシンで開放感バッチリ

Point②. 有料でパーソナルトレーニング、スイミングのプライベートレッスンも

ダンロップスポーツクラブ浦安店 の基本情報

月会費 レギュラー(フルタイム):9,300円 デイ(平日昼):6,800円 ナイト(平日17時以降):6,300円
会社情報 住所:〒279-0022 千葉県浦安市今川4-1-40 電話番号:043-299-1795(本社)
定休日 営業時間 【定休日】 毎週木曜日 【営業時間】 平日9:00〜23:00 土曜9:00〜21:00 日祝9:00〜19:00
問い合わせ方法 公式ホームページの専用フォーム、電話(本社)
ベストスタイルフィットネスの画像1
大人のための洗練されたスポーツジム

ベストスタイルフィットネスは、お子さんの通えるスクールなどがなく、大人が夢中になれる空間づくりをしています。スタジオプログラムはエリアごとに様々な種類が用意されていて、会員種別によって受けられるものが分かれています。

トレーニングパークにはイタリア製高機能最新鋭ファンクショナルトレーニング機器「Queenax」が導入され、上半身、下半身の筋肉トレーニングはもちろん、ダイエットにも効果的です。

おすすめポイント

Point①. 大人のための空間づくりをしている洗練されたジム

Point②. 暗闇ワークアウト、水上で行なうSUPヨガなど珍しいプログラムが充実

ベストスタイルフィットネス の基本情報

月会費 BEST STYLE(フルタイム・24時間):1万4,000円 PRIMAY STYLE(フルタイム・スタッフ受付時間内):1万2,000円
会社情報 住所:〒279-0013 千葉県浦安市日の出5-7-3 電話番号:047-323-6751
定休日 営業時間 【定休日】 毎週火曜日 【営業時間】 平日9:00〜23:00 土日祝9:00〜21:00 ジムエリアは24時間利用可
問い合わせ方法 公式ホームページの専用フォーム
セントラルウェルネスクラブ新浦安の画像1
歴史の長いグループ運営、カルチャースクールも充実

セントラルウェルネスクラブ新浦安は、セントラルスポーツ株式会社が運営しているスポーツジムです。月会費だけで受けられるヨガ、エアロなどのプログラムとは別に、ゴルフ、社交ダンスなど大人向けのカルチャースクールも開かれています。

トレーニングマシン以外にも、健康のために身体を動かしたいという方や、美容や楽しみとしてダンスなどをやりたいという方向けにもスタジオプログラムが充実しています。

おすすめポイント

Point①. 1970年にオリンピック選手によって創業されたセントラルスポーツグループ

Point②. 月会費で受けられるプログラムのほか、ゴルフ、社交ダンスなどの有料スクールも充実

セントラルウェルネスクラブ新浦安 の基本情報

月会費 シングルC(フルタイム):1万円 デイタイム(平日昼):7,000円 ナイト(平日・休日夜):7,000円
会社情報 住所:〒279-0012 千葉県浦安市入船1-4-1イオン新浦安店4F 電話番号:047-350-2255
定休日 営業時間 【定休日】 毎週火曜日、季節休館日 【営業時間】 平日9:00〜22:30 土曜10:00〜20:00 日祝10:00〜19:00
問い合わせ方法 公式ホームページの専用フォーム、電話

ジムにも種類がある?自分に合ったジムを見つけよう!



ジムと一言でいっても、いくつかの種類に分かれます。「会員制ジム」、「パーソナルトレーニングジム」、「公営ジム」の3つです。

まずはその違いと、今おすすめなのはどこなのかをご紹介します。

会員制ジム

会員制ジムは、施設内にトレーニング用のマシンが並べられていて、会員になるとそれらを自由に使うことができるジムです。営業時間は24時間のところが増えてきていて、専用のカードキーなどで入室するところが多いようです。

夜間にスタッフやインストラクターがいるかどうか、どういった設備があるのか、など施設によって違いがあります。自分で好きなようにメニューを組むことができるので、無理なくトレーニングをすることができます。

マシンの利用方法をあまり知らないという場合には、インストラクターの方に教えてもらえるジムを選んだ方が良さそうです。間違った姿勢で適当にマシンを使って、身体を痛めては元も子もありません。

費用は月額制で、会員種別によって利用できる時間が異なり、それによって月額費が変わるところが多いです。ほとんどのジムで、子供が学校に行っている平日の昼間しか行けない、という主婦の方向けの「平日デイプラン」や、仕事で平日は行けないという方向けの「土日のみプラン」などが設定されています。

パーソナルトレーニングジム

パーソナルトレーニングジムは、その名の通り、パーソナルトレーナーがついてトレーニングを行うジムです。最初にカウンセリングを行い、どういう目的で利用したいのか、どの部分を絞りたいのかなどを伝え、それに適したトレーニングメニューを組んでもらいます。

そして、トレーニング中もつきっきりで指導してもらえるので、間違った方法でトレーニングを行うこともないですし、手を抜くこともできません。食事指導などがついていることが多く、毎日食べたものを写真に撮って送ることもあります。

決まった時間に尋ねてトレーニングをするので、トレーニングが習慣になります。しかし、利用料金が高額なのでよほど強い意志を持ってトレーニングに挑む方でなければ難しいかもしれません。

公営ジム

公営ジムは、自治体などによって運営されているジムです。総合体育館やスポーツセンターなどの名称で運営されていて、その地区に在住している人であれば格安価格で利用することができます。

料金は都度払いのところがほとんどで、月額料金などはかかりません。ただ、公共の施設なので営業時間は短く、夜間に利用できるところは多くありません。

マシンの種類も、会員制ジムなどに比べるとあまり豊富とは言えません。また、インストラクターが在籍しているところも少ないので、ある程度、トレーニングに関して知識を持っていないと利用が難しいかもしれません。

会員制ジムがおすすめ!

初心者からでも利用しやすいのはやっぱり会員制ジムです。マシンのことでわからないことはインストラクターの方に聞くこともできますし、スポーツジムであればトレーニングマシン以外にも運動できるものが用意されていることも多いです。

たとえば、エアロビクス、ズンバ、ヒップホップ、バレエなどのレッスンを月額費だけで好きなだけ受けることができるところや、スイミングプールが利用できるところもあります。トレーニングマシンには興味ないけど、運動はしたい、という場合にも向いています。

プールがついているような大きめの会員制ジムだと、大浴場やサウナなどがついていることも多いので、トレーニングした後にゆっくりと身体を癒すこともできます。がっつりトレーニングをしたい人にも、楽しみながら運動をしたい人にもおすすめです。

ジムにも種類がある?自分に合ったジムを見つけよう!のポイントまとめ】
●会員制ジムは、24時間利用できるところが多く、施設によってマシンの種類やインストラクターの有無、ダンスや水泳のプログラムの有無など違いがある
●パーソナルトレーニングジムは、トレーナーがつきっきりでトレーニングや食事の指導をしてくれるが、その分高額
●公営ジムは、夜間営業があるところは少なく、設備などは他に劣るが、地域住民であれば格安料金で利用できる

スポーツジムに通うことのメリット・デメリット



スポーツジムに通うことで得られるメリットやデメリットを紹介します。

【メリット】

●いろんな運動ができる

私は、若い頃はよく運動やダンスをしていましたが、仕事が忙しくなってからはなかなか身体を動かす機会が減りました。そもそも、大人が身体を動かせる場や機会があまり多くないというのもあると思います。

スポーツジムでは、トレーニングマシンを使った筋トレや有酸素運動はもちろん、施設によってはそのほかのプログラムを受けることもできます。筋トレも、パーソナルトレーニングでなくてもインストラクターの方がいるジムなら「最近肩こりがひどいんですけど」とか、「お腹周りを細くしたいのですが」と聞いてみると、「このマシンを使ってみてください」とか、アドバイスをしてもらえます。

今まで使ったことのないマシンでも、インストラクターやトレーナーの方に使い方を教えてもらうことができれば安心です。ダンスなどのプログラムは、ほとんどのジムで夜中にはやっていないですが、平日も土日も受けられるところがほとんどです。

「昔からやってみたかったけど今更ダンスやバレエを習い始めるのはハードルが高い…」という方でも、ジムのプログラムなら一緒にレッスンを受ける人たちも自分と似た年代、似た環境の方になることが多いので通いやすいと思います。

●天候に左右されない

「ちょっと太ったかもしれない」と思い始めた時、私はまずウォーキングとランニングをしました。ですが、「今日は雨だから…」「今日は暑すぎるから…」とだんだんやらなくなってしまいました。

その点、ジムは屋内なので天気に左右されずにいつでも運動をすることができます。夏場は扇風機やエアコンで涼しいですし、冬場も凍えるような寒さにはなりません。

●トレーナーに相談できる

ジムによって呼び方は異なりますが、ほとんどのジムにトレーナーやインストラクーターと呼ばれるスタッフの方がいるので、困ったことがあれば相談することができます。パーソナルトレーニングのトレーナーのようにつきっきりで見ていてくれるわけではありませんが、マシンの使い方や、設備の操作方法などさまざまなことに対応してもらえます。

施設によってダイエットや健康の関する相談にも乗ってもらえるので、自分一人でやるよりも効果をあげられます。

●充実した施設を利用できる

施設によって異なりますが、ほとんどの場合、トレーニングマシンやスタジオ、ストレッチ用のマットなどの設備が充実しています。自分で購入するといいお値段なのはもちろん、部屋の中でスペースをとってしまいますが、ジムならさまざまな施設、設備が使い放題です!

トレーニング用の施設、設備だけでなく大きなお風呂やサウナなどが付いているところなら、それも、月額料金で使い放題です。

●仲間ができる

一人でトレーニングをしていても続かないってこともありますよね。私のランニングも、天候だけでなく「一緒に楽しめる人がいない」「張り合う相手がいない」というのも続かなかった理由だと思います。

ジムでトレーニングマシンだけを利用している場合は、そんなに会話をする機会もないかもしれませんが、ダンスなどのスタジオプログラムやスイミングプログラムを受けると、そこで知り合いが増えることがあります。同じ時間帯に同じプログラムを受けている人の中には、自分と同じような年代、同じような環境の人も多いので、仲良くなりやすいです。

【デメリット】

●お金と時間を要する

会員制のジムであればもちろん、月額費用が発生します。それだけでなく、ジムに通って運動をする時間を確保する必要があります。

お金に関しては、「これだけ払ってるんだからちゃんとやらないと…」という気持ちになることもできて、運動を継続する動機にもなるかもしれませんが、時間を確保できないという場合にはなかなか難しいと思います。土日だけのプランや、平日の夜中だけのプランなど、自分の生活にあったプランを提供してくれているジムを探す必要があります。

●人間関係トラブルもありうる

1つの施設を、知らない人たちが複数集まって利用するので、トラブルも考えられます。集中してトレーニングしたいのに、とつぜん話しかけられて時間を取られた、なんてことも起こるかもしれません。

そういった直接的なものでなくても、マシンを占領する人がいたり、設備を正しく使っていない人がいて不快な気持ちになることも。そんなに多い頻度で起こることではないと思いますが、人が集まる場所なので絶対にないとは言い切れないと思います。

スポーツジムに通うことのメリット・デメリットのポイントまとめ】
【メリット】
●天候に左右されず、いろんな運動ができる
●トレーナーにダイエットや健康管理などの相談ができる
●充実した施設を利用できる
●トレーニング仲間ができる
【デメリット】
●お金と時間がかかる
●人間関係のトラブルが起きる可能性も

スポーツジムに通うなら何が必要?持っていくべきものとは



「今まで全然運動してこなかったから何を持っていっていいのかわからない」って方もいらっしゃると思います。ジムに通うときに必要なものや、あったほうがいいものなどをご紹介します。

【絶対に必要なもの】

●スポーツウェア

まず、運動用の服が必要です。

20〜30代の女性はTシャツ、ショートパンツ、スポーツ用レギンスという格好の方が多いです。他にも、スポーツ用のジョガーパンツなども。

共通して言えるのは、「汗が乾きやすい素材」であること。

ジムでは自分が思っている以上に汗をかきます。普段全然汗をかかないから平気、と思っている方も、運動を続けて代謝が上がると汗をかくようになります。

なので、これからジムに通うために新しくウェアを買う予定の方は、速乾性のものがおすすめです。

男性は、年齢問わず、Tシャツに短パンという方が多い印象です。

●シューズ

ジムは基本的にどこも土足厳禁です。ランニングで外履きに使っているシューズなどを、そのまま使うことはできません。

どういうシューズを用意すればいいのかわからないという方には、ランニングシューズがおすすめです。

トレーニングマシン、ランニングマシン、ダンスなど、ほとんどこれだけで対応できます。クッション性のあるものや、靴底が分かれているもの・柔らかいものがおすすめです。

●靴下

忘れがちなのが、靴下です。夏場は男女ともにサンダルなどを履いていて靴下を履いてないことがありますし、女性は冬でもタイツやストッキングを履いていることもあるので、靴とセットで用意するのをおすすめします。

スポーツウェアやシューズにあった丈のものを選びましょう。

●タオル

タオルは必須です。必須ですが、何枚必要か、どういうサイズのものが必要かは人によって違います。

おすすめは、フワフワすぎないタオルを選ぶこと。でないと、タオルと靴だけで鞄がいっぱいいっぱいになります…。

●飲み物

運動中はかなり汗をかくので、こまめな水分補給が必要です。

【あると便利なもの】

●小さいバッグ

トレーニング中、飲み物やタオルなどを入れるための小さいバッグがあると便利です。

女性はランチバッグのような小さな鞄、男性はナップサックを持っている方が多い印象です。フックに掛けられるよう取っ手付きのものであればなんでも大丈夫です。

●小銭入れ

ジム内でお金を使うことはほとんどありませんが飲み物を忘れたときなど、小銭があると便利です。ジムの会員証が入るものだとより便利です。

●ヘアゴム

髪の長い方は髪の毛をまとめるヘアゴムがあるといいと思います。

●ヘアケア用品、基礎化粧品

ジムでトレーニング後にシャワーを浴びたりお風呂に入ったりする方も多いと思いますが、ヘアケア用品などが充実しているところは少ないので、自分用に何か持参するといいでしょう。

●替えの下着

運動すると下着まで汗だくになります。女性はスポーツブラを使用する人も多いと思いますが、運動後にはしっかりと汗を拭いて、下着を着替えましょう。

●ビニール袋

濡れたタオルや汗の染み込んだウェアなどを持ち帰るのに必要です。

●イヤフォン

特に、一人で黙々とトレーニングマシンを使う方におすすめです。音楽をかけて集中することもできますし、ランニングマシンなど、イヤフォンを接続してテレビを見られるものもあります。

【プールを利用する場合に必要なもの】

●水着

まずは、当然ですが水着が必要です。ジムのプールを利用する場合は運動が目的なので、競泳用などの水着がおすすめです。

●キャップ

プールの利用にはスイミングキャップが必須です。ほとんどのジムで義務化されています。

●ゴーグル

子供の頃、ゴーグルをつけず、水泳終わりに目を洗う風習がありましたよね。今は、あれは目に良くないとされています。

視界を確保するためにも、ゴーグルをつけるのをおすすめします。目が悪い方は、コンタクトを用意するか、度入りのゴーグルが必要です。

ちなみに、ジムによってはタオル、ウェア、シューズなどをオプションで貸し出ししているところもあるので、荷物を持たずに会社帰りに通いたいという方にはそちらもおすすめです。

【スポーツジムに通うなら何が必要?持っていくべきものとはのポイントまとめ】
●スポーツウェアは速乾性のあるものを準備
●シューズはクッション性のある、靴底の柔らかいランニングシューズを
●タオル、靴下、飲み物の必須
●小さな荷物を入れられるバッグや、小銭入れなどがあると便利
●スイミングプールを使う場合は、競泳用の水着、スイミングキャップ、ゴーグルの準備を

何がポイント?スポーツジムの選び方



では、どうやって自分にあったスポーツジムを選べばいいのか。選ぶときのポイントをご紹介します。

通いやすいか

ジムは「わざわざそこへ出向いて運動をする施設」です。通いにくいところで登録すると、行くことのハードルが上がってしまい、なかなか続きません。

おすすめは家に近いところ。ですが、「近所のジムだと知り合いが多すぎて嫌だ」という方もいると思います。

その場合は、職場の近くがおすすめです。職場の近く、乗り換えで降りる駅の近くなど、とにかく生活動線上にあって、通うことが億劫にならない場所で探すことをおすすめします。

休日に通いたい方はやはり家の近くの方がおすすめですが、遠くても自転車で通える距離、もしくは最寄駅から2駅先くらいまでにした方が良さそうです。女性の場合、「すっぴんで行ける範囲」を基準に考えるのもいいかもしれません。

あと、営業時間、定休日が自分に合っているかどうかも重要です。24時間、年中無休で営業しているところならいいですが、たとえば、「水曜日が残業のない日なのに、水曜日は定休日…」とかだと、生活リズムに合っているとは言えませんよね。

ダンスやヨガなど、受けてみたいプログラムが決まっている場合は、そのスケジュールも事前に確認した方がいいですよ。

スタッフの対応はどうか

受付のスタッフの方や、トレーナーの方が適切な距離感で親切に対応してくれるのか、というところも重要だと思います。それから、トレーナーの方がマシンの使い方などをきちんと説明できるかどうか、というところも。

在籍している間は何度も顔をあわせることになるので、見学や体験などで実際にジムを見に行った際にはスタッフの方の雰囲気もチェックしてくださいね。

清潔であるか

ジムは不特定多数の人が運動をしたり、シャワーを浴びたりするところです。なので、何もしなければどんどん汚れていきます。

きちんと清掃され、清潔に保たれているかどうかはかなり重要です。見学の際、お手洗いを借りて見てみると、清掃が行き届いているかどうかがわかりやすいと思います。

また、ただ綺麗にしているだけでなく、今は感染症対策がどうなっているかも重要ですよね。消毒液の有無や数、換気の状況や頻度なども合わせて確認しましょう。

施設・設備は充実しているか

スポーツジムの設備でまず大事なのは、トレーニングマシンです。どういう種類のものがあるのか、それが何台くらいあるのかは施設によって違います。

平日の夜など、人が集中しやすい時間帯は、台数が少ないと「せっかくジムまで行ったのにマシンが全然使えない!」なんてことになりかねません。他にも、ダンスなどのプログラムがある場合はスタジオがいくつあるのか、どのくらいに広さなのかも重要です。

それぞれのプログラムには定員が設けられていることあります。人数に対して十分な広さが取られているかも確認してみてください。

また、トレーニング後のシャワーや大浴場などの設備も、ジムによって異なります。最近は、岩盤浴などが付いているところもあります。ダイエットやデトックス目的でジムへ行く人には嬉しい付帯設備ですよね。

大浴場の中を見学できるところは少ないと思いますが、ホームページに写真が載っていたり、見学に行くと見せてもらえるパンフレットのようなものに写真が載っていたりします。どうしても実物を見たい方は、見学ではなく体験できるところをおすすめします。

月額費用が無理なく支払えるか

ジムに通うにはお金がかかります。金額はジムによって異なりますが、まず、その値段が妥当かどうかを検討してください。

家や駅からの距離、利用できるマシン、プログラム、付帯設備、清潔さなどを見て、妥当と思える値段でしょうか。

また、自分にとって無理のない金額に抑えることも大切です。値段設定はジムによっても違いますが、時間帯によってプランが分けられているところも多くあります。

平日昼のみの場合や、平日夜のみの場合は、比較的価格が抑えられているのでそういうプランを利用するのもおすすめです。

【何がポイント?スポーツジムの選び方のまとめ】
●ジムは家から、もしくは職場から通いやすい場所で選ぶ
●見学・体験時のスタッフの対応が適切かどうか
●清潔に保たれているか、感染症対策がされているか
●マシンやスタジオ、大浴場など、施設・設備の充実度合い
●月額費用が自分の生活に合っているかどうか

まとめ


そうでなくても大人は運動不足なのに、感染症対策が声だかに叫ばれるようになって以降、運動する機会はどんどん減っている気がします。

運動不足になると太ってしまったり、健康状態が気になったりしますよね。「ランニングや自宅でのヨガは長続きしなかった…」という方にもスポーツジムはおすすめです。

初めてジムに通おうとしている方や、新しくジムを探そうと思っている方の手助けになったら嬉しいです!これ以外にも、新浦安で実際におすすめできるジムなどを紹介していくので、よかったらそちらも参考にしてみてください。

新浦安のスポーツジムの一覧表まとめ

イメージ1
2
3
4
5
会社名フィットネスクラブ ルネサンス 新浦安カーブス ニューコースト新浦安 ダンロップスポーツクラブ浦安店 ベストスタイルフィットネスセントラルウェルネスクラブ新浦安
定休日毎週木曜日、年末年始など毎週日曜日、祝日毎週木曜日毎週火曜日毎週火曜日、季節休館日
営業時間平日10:00〜22:00
土日祝10:00〜18:00
平日10:00〜19:00
土曜10:00〜13:00
平日9:00〜23:00
土曜9:00〜21:00
日祝9:00〜19:00
平日9:00〜23:00
土日祝9:00〜21:00
ジムエリアは24時間利用可
平日9:00〜22:30
土曜10:00〜20:00
日祝10:00〜19:00
スタジオプログラム・ヨガ、温ヨガ
・フラダンス
・ヒップホップ
・暗闇ワークアウト
・映像プログラム など
・サーキットプログラム・ヨガ
・ピラティス
・かんたんエアロ
・フラダンス など
・ヨガ
・ピラティス
・SUPヨガ(水上ヨガ)
・暗闇ワークアウト(サイクル) など
・ヨガ
・ジャズダンス
・オリジナルエアロ など
【有料スクール】
・テニス
・ゴルフ など
アクセスJP京葉線 新浦安駅 徒歩4分JP京葉線 新浦安駅 徒歩18分JP京葉線 新浦安駅 徒歩15分JP京葉線 新浦安駅 徒歩29分JP京葉線 新浦安駅 徒歩3分
付帯設備・ホットヨガ
・芝エリア(体幹トレーニングスペース)
・ミストサウナ
・岩盤浴
・シャワー
-・プール
・シャワー
・サウナ
・スパ
・プール
・シャワー
・キッズスペース
・プール
・ドライサウナ
・ミストサウナ(女性のみ)
・シャワー
・スパ
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

その他:新浦安にあるスポーツジム一覧

セントラルスポーツジムスタ 新浦安

セントラルスポーツの中でも、マシンジムとスタジオのコンパクトな施設でプログラムを提供することから「ジムスタ」と名付けられているのが、セントラルスポーツジムスタ 新浦安です。

月額料金が1万円を切る価格設定で全営業時間利用可能なジムです。

入会金 2200円(カード発行手数料)
月額料金 5500円〜7700円
体験等 500円(期間限定)

基本情報

アクセス:千葉県浦安市明海4-1-1ニューコースト新浦安 3F
最寄り駅:新浦安駅 徒歩17分
営業時間:月〜金10:00~22:00、土10:00~21:00、日祝10:00~20:00
定休日:毎週金曜日、季節休館日 ※金曜日が祝日の場合も休館日
電話番号:047-712-8135

BEST STYLE FITNESS

BEST STYLE FITNESSは、自分がなりたいスタイル、ライフスタイルにあわせて自由に決められる新しいオーダーメイド型フィットネスをうたっており、価格プランの自由度も高いのが特徴です。

入会金 14.300円
月額料金 7.700円〜22.000円
体験等 4.400円(ビジター)

基本情報

アクセス:千葉県浦安市日の出5-7-3
営業時間 :24時間営業
定休日:毎週火曜日 ※ジムエリアは24時間利用可
電話番号:047-323-6751

ダンロップスポーツクラブ 浦安店

ダンロップスポーツクラブは、浦安市今川にありジム・スタジオ・プールなどの充実した施設・設備で数多くのプログラムを提供しているスポーツクラブです。ゴルフやテニスのプログラムも完備されており、競技に特化したレッスンも受けられます。

入会金 2.200円
月額料金 5.280円〜13.200円

基本情報

アクセス:千葉県浦安市今川4-1-40
最寄り駅:新浦安駅 徒歩15分
営業時間:月〜金9:00〜23:00、土9:00〜21:30、日祝9:00〜19:00
電話番号:047-354-7552

E-studio

E-studioは浦安市猫実にある、浦安駅から徒歩1分・新浦安駅からバスで10分の完全予約制でプライベートレッスンが受けられるパーソナルトレーニングジムです。
目的に応じて食事指導や栄養管理をサポートしてくれるため、過去に無理なダイエットからリバウンドを経験してしまった方など、確実に効果を出したい方におすすめです。

入会金 0円
月額料金 なし
回数料金 4.500円(1回30分)〜48.000円(8回50分)
体験等 4.000円

基本情報

アクセス:千葉県浦安市猫実5-18-17 村山ビル5 2F-B
最寄り駅:新浦安駅 バス10分
営業時間:月〜金11:00〜22:00、土日祝9:00〜18:00
定休日:水曜日
電話番号:047-711-0961

チャンパカ

チャンパカは新浦安駅から徒歩15分のマンツーマンレッスンが受けられるスポーツジムです。マンツーマンでの指導を受けられるので、初心者や運動に慣れていない女性でも安心してトレーニングを実施することができます。

入会金 0円
月額料金 なし
回数料金 3.780円〜3.990円
体験等 5.400円

基本情報

アクセス:千葉県浦安市堀江6-2-20
最寄り駅:新浦安駅 徒歩15分
営業時間:10:00〜22:00
電話番号:090-4928-9226

LAVA 新浦安店

新浦安徒歩8分のところに、全国420店舗以上を展開するホットヨガスタジオLAVAの店舗が出店しています。LAVAの会員の80%が初心者からスタートし、20代〜70代まで幅広い世代から支持されています。

入会金 10.000円+2.500円(施設使用料)
月額料金 8.800円〜16.800円
回数料金 6.800円(4回)

基本情報

アクセス:千葉県浦安市入船4-8-1 入船4丁目ビル 2F
最寄り駅:新浦安駅 徒歩8分
電話番号:0570-004-515

BODY&MIND

BODY&MINDは新浦安駅から徒歩5分のところにある、少人数制のヨガスタジオです。10人弱でのレッスンのため目が行き届きやすくアットホームな雰囲気で受けられることができます。

入会金 10.000円+1000円(事務手数料・設備費)
月額料金 6.700円
回数料金 2.400円〜、17.300円(8レッスン)〜
体験 1.500円~

基本情報

アクセス:千葉県浦安市入船4-6-20-2F LastradaⅡ
最寄り駅:新浦安駅 徒歩5分
電話番号:0120-181-159

カラダファクトリー アトレ新浦安店

カラダファクトリーは整体やボディケアなどで、体の痛みや姿勢の悩みをケアする総合サロンです。
産後のママさんには、体の歪みケアや綺麗なボディラインの維持ができるぴったりのスペシャルコースがあります。

入会金 なし
料金 2,200円(20分)〜
体験 3,500円【60分体験コース】

基本情報

アクセス:千葉県浦安市入船1-1-1 アトレ新浦安1階
最寄り駅:新浦安駅(徒歩1分)
営業時間:10:00~21:00
電話番号:047-316-0580

記事一覧

新浦安にもいくつかのスポーツジムがありますが、マシンだけではなくスタジオメニューを利用したり、プールも取り入れていくと効果的です。プールは全身運動ができるということでも効率よく体を作っていく ・・・[続きを読む]
スポーツジムはさまざまなスポーツを楽しんだり、体を鍛えたりできる施設で、近年では健康維持や仕事のパフォーマンス向上のために、積極的に利用する人が増えています。このスポーツジムは多くあり、料金 ・・・[続きを読む]
新浦安のスポーツジムに通うことを検討している人の中には、セキュリティが気になっている人もいるでしょう。とくにスタッフが常駐していないジムは安全性が気になりますが、こういったジムでも安心して通 ・・・[続きを読む]
【詳細】 店舗名:アメリカンシェイプサーキット新浦安店 住所:千葉県浦安市入船1-4-1 イオン新浦安店4F <セントラルウェルネスクラブ新浦安店内> TEL:047-350-2 ・・・[続きを読む]
若い方だけでなく、中高年の間でもスポーツジムが高い人気を得ています。1つの施設に全身を動かすための運動器具が備わっており、効率よく全身運動に励めるというメリットが支持されている理由です。また ・・・[続きを読む]
新浦安でスポーツジムの会員になることを検討しているのであれば、事前に一般的な手続きの流れを知っておくとよいでしょう。流れを知っておくと、会員登録までの手続きをスムーズ行うことができるようにな ・・・[続きを読む]
新浦安にはさまざまなスポーツジムがありますが、その中にはスタジオレッスンを取り入れているところも多くあります。各種プログラムがあるので、自分の好みや目的に合わせて選ぶことができるでしょう。新 ・・・[続きを読む]
仕事が忙しくて普段はあまり運動時間がとれない人も、ジムで汗を流せば運動不足を解消できます。さらに個人レッスンを受ければ自分の目的に合った指導を受けることができるのです。ここでは、スポーツジム ・・・[続きを読む]
千葉県新浦安市は東京への交通の便がよいことから、千葉から東京へ働く人たちを対象とした施設が多数あります。このような社会人を対象とした新浦安市周辺の施設の中で多いものが、帰宅時に体を鍛えること ・・・[続きを読む]
仕事が忙しかったり、育児や家事に追われていたりと現代人はとにかく忙しく、毎日の生活の中で健康を意識した生活を送るのはなかなか難しい状況の方も多いでしょう。そのような中でもスポーツジムに通うこ ・・・[続きを読む]
「ダイエット目的でフィットネススタジオに通いたいけど、ジムの会員はスリムな人ばかり」といった状況では、なんとなく通いづらいですよね。こうした人におすすめなのが暗闇スタジオです。暗闇スタジオは ・・・[続きを読む]
女性が新浦安のスポーツジムに通うのであれば、女性が通いやすいジムの特徴を知っておくことが大切だといえます。いくつかのポイントを押さえておくことで、安心して通える場所を見つけやすくなるはずです ・・・[続きを読む]
新浦安でスポーツジムを探しているのであれば、アクセスも重要であることを理解しておくべきです。通いにくいジムを選ぶと継続してトレーニングを続けなくなってしまう可能性もあるので、利便性のよい場所 ・・・[続きを読む]
ゆったりとした動きでもストレスの解消や体質改善に効果のあるヨガは、性別や年齢を問わず行えるスポーツです。ダイエットやすっきりとした女性らしいしなやかなボディラインを整えることもできるため、と ・・・[続きを読む]
健康診断で肥満やコレステロール値などで引っかかり、運動をするようにいわれた人もいるのではないでしょうか。健康維持のために何かしたいと思っていてもなかなか腰が上がらない人におすすめなのが、スポ ・・・[続きを読む]
新浦安にはさまざまなスポーツジムがありますが、その中には24時間営業のスポーツジムもあります。このタイプのジムに通うことには数多くの魅力があるので、非常に人気が高いです。どういったジムに通う ・・・[続きを読む]
新浦安でスポーツジムの入会を検討中であれば、まずは体験予約を行うことがおすすめです。いきなり申し込む人もいますが、体験してみなければわからないこともたくさんあるため、理解を深めた上で契約を行 ・・・[続きを読む]
スポーツジムに通う目的は、人それぞれ違います。ダイエットが目的だったり健康管理だったり、美しいボディを創るために通うという人もいます。しかし、中には長続きしない人がいるのも事実です。ここでは ・・・[続きを読む]